矯正歯科で歯並びを治すには自分に合った矯正方法を選ぼう

医療器具

歯の矯正で改善できる症状

歯科

歯並びが悪いと様々な悪影響があります。精神的な悪影響として、歯並びが悪いことで人前で笑えないといったコンプレックスになります。歯並びが綺麗な人に比べると、歯並びが悪い人の印象はあまり良くありません。コンプレックスを解消してストレスから解放されるためにも歯並びの矯正は必要なのです。身体的は悪影響は、顔のゆがみです。歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなります。左右で噛む力が異なると、顔の筋肉の付き方に差が出てきます。その結果、顔のゆがみにつながってしまうのです。また、顔のゆがみだけでなく顎関節症といった症状を引き起こす原因にもなります。若いうちは顎の関節や筋肉が柔らかいので、少しくらい噛み合わせが悪くても影響はないのですが、歳を取るごとに関節が固くなってしまいます。そうなると噛み合わせの悪さが顎に影響し、痛みを伴う場合があります。他にも、虫歯になるリスクが高まるという問題があります。歯並びが悪いと、歯と歯が重なりその部分に汚れが溜まりやすくなります。ブラッシングをしても歯並びが悪いせいで隅々まで綺麗に磨くことができません。溜まった歯垢は虫歯の原因となり、仮に虫歯の治療を行なったとしてもまた虫歯になって、何度も歯医者で治療しなければならなくなります。虫歯がひどくなると最悪歯を失ってしまうことになるので、歯の健康を維持するためにも歯の矯正は重要なのです。大人になってからの矯正でも遅いということはありません。コンプレックスの解消や歯の健康のためにも早めの治療をおすすめします。