矯正歯科で歯並びを治すには自分に合った矯正方法を選ぼう

医療器具

差し歯との違いと医者選び

歯医者

虫歯や歯周病などの歯の病気や事故によって歯を失ってしまった際の治療法として、インプラントと差し歯があります。見た目はどちらも元の歯と変わらないのですが、仕組みが全く異なります。インプラントは歯を根元から失ってしまった場合に行なわれる治療法で、差し歯は歯の根元が残っている場合に行われる治療法です。インプラントの仕組みは、まず顎の骨に穴を開けそこに人工歯根を埋め込んでいきます。そして、人工歯根が完全に顎の骨と結合したらその上に人工歯を被せていきます。埋め込んだ人工歯根と人工歯はアバットメントという部品で連結します。少し前まではブリッジという方法も行なわれていましたが、ブリッジだと両サイドの健康な歯を削らなければなりませんでした。しかしインプラントは他の歯を削る必要がないので、周りの歯に負担をかけずに治療することができるのです。一方、差し歯の治療は歯の根が残っているところに新たに土台を作り、その上に人工の歯を被せていきます。

インプラントの治療は京都の歯医者で受けることができます。京都の歯医者を選ぶ時は、できるだけインプラント治療に力を入れている歯医者を選ぶといいでしょう。インプラント治療によるトラブルの原因のほとんどは、歯科医師の技術不足です。京都にはインプラント治療の名医がたくさんいます。インプラント治療は保険が適用されない治療なので費用が高額です。京都でインプラント治療を受ける際は、信頼できる歯医者を慎重に選ぶことが大切です。